痛風になりたくない方は生活習慣を改善しよう|放置はNG!

女医

適切な治療をしてもらおう

医者

「睡眠時無呼吸症候群」と言う病名を聞いたことがある方は大勢いるでしょう。しかし、どのような症状が表れるのか詳しくは知らないと言う方が殆どです。睡眠時無呼吸症候群はSASとも呼ばれており、10秒間以上呼吸が止まるのが代表的な症状です。就寝時30回以上も呼吸が止まる場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性が極めて高いです。
就寝時に起きる症状のために、自分では気付かない方が殆どです。そのため、この病気を抱えていることを知らない方がまだまだ居ると言われています。いつ自分が発症するか分からないため家族に様子を見てもらう、医療機関で検査を受けるなどをすることが重要です。

就寝中にいびきをする方や呼吸が止まる方、そしてむせて寝汗をかく方は、睡眠時無呼吸症候群を発症しているリスクが高いでしょう。そして、起床時の口渇や頭痛、身体が重く熟睡した感じがない方なども危険です。このような症状が長期間続いている方は、専門医療機関へ行き診察をしてもらう必要があります。
睡眠時無呼吸症候群になると日中の眠気が強く、仕事にも支障をきたしてしまいます。怠さや倦怠感が残り、いつも疲労が溜まってしまいますし、集中力が持続しません。生活にも大きな負担を与えてしまうため、早急に治療をしなければなりません。

睡眠時無呼吸症候群は長期的な治療が必要になってくるため、家族やパートナーに協力をしてもらう必要があります。医師としっかりと話し合って自分の状態に合った治療を行なってもらいましょう。最適な方法が最善の治療へと繋がっていくのです。
CPAP療法やマウスピース療法、外科的手術の3つが代表的な治療法です。それぞれによって治療法が異なるため、内容をしっかりと見てから選択しましょう。