痛風になりたくない方は生活習慣を改善しよう|放置はNG!

医者と看護師

適切な治療をしてもらおう

医者

就寝中に呼吸が止まり日中に強い眠気を感じている方は、睡眠時無呼吸症候群になっている確率が高いでしょう。当てはまる症状がある場合は、医療機関で診察をしてもらう必要があります。

詳しくはコチラ

痛みを放置するのは危険

足の痛み

痛風になったことのある男女は非常に多いでしょう。痛風イコール男性とイメージをしてしまう方が殆どですが、近頃は女性の発症率も高いです。その背景には生活習慣や食生活が関係しているでしょう。
まず痛風は、尿酸が結晶化してそれが蓄積することで起こります。プリン体という成分を過剰に摂取することで尿酸が結晶化しやすくなるため、プリン体の摂取を控えなければなりません。まずは、どのような食材にプリン体が含有されているのか知る必要があるのです。鶏レバーやスルメイカ、牡蠣や味など、比較的様々な食材に含まれています。ですが、これらの食材を一切摂取してはならないということではありません。適度な摂取が望ましいだけのため、食べ過ぎに注意をすれば良いのです。このような食材以外にもビールや日本酒にもプリン体が大量に含まれていますので、飲酒も適度に行ないましょう。

実は痛風と運動は関係しています。痛風になる方の殆どが肥満体型と言われており、適度な運動をすることで糖尿病や高脂血症などの予防も可能です。しかし、運動と言っても激しい動きは禁物です。無理に動いてしまうと大量の汗で水分不足になり、肝臓がダメージを受けるからです。そして、尿酸値も上昇してしまいます。軽い運動を無理なく続けて、水分補給をこまめに行なうことで、痛風の改善に繋がります。

痛みがあったと思えば止まり、また痛みが再発するを繰り返す痛風を放置すると慢性関節炎になってしまいます。足の親指だけでなくひじや耳などにも痛みが発症するのです。ですから、早急に対策を行なうことが必須となります。

死亡リスクが高い疾患

マスクをした女性

早期発見出来るとすい臓がんが進行する前に取り除くことが出来ます。症状が出ないことから発見が遅れてしまいますが、定期検査をすれば見つけられるかもしれませんので、期間を見て医師に見てもらう必要があります。

詳しくはコチラ

免疫療法でがんに勝つ

病院

最新の免疫療法は樹状細胞療法です。がんを食べて目印をつけてくれるという働きをしてくれます。副作用も少ないですので、抗がん剤治療をしたくない方にも最適でしょう。他の手術とも組み合わせられます。

詳しくはコチラ